ブドウ樹の生理と剪定方法 ─病気を防ぐ樹体管理

SICAVAC(シカバック)著 
榎本登貴男 訳

定価2,860円(本体2,600円+税)
2021年2月15日発行
B5判・112頁
ISBN 978-4-88340-347-9 C0061




日本ワインの人気が高まるにつれ、苗木不足が問題視されるまでになった醸造用ブドウ栽培。全国各地で栽培面積が急増している。これまで日本では生食用栽培が主力であったため、醸造用栽培の技術については確立されていない部分が多い。
そこで、ワイン大国フランスでブドウ栽培・ワイン醸造を実際に学び、種々の資格を取得した訳者が、現地でもっとも注目されているブドウ栽培書を翻訳。ブドウの生態と生理のメカニズムを明らかにし、病害や生理障害を防ぐ剪定マニュアルを具体的に役立つように解説する。
[主なもくじ]
翻訳出版にあたって
日本語版出版に寄せて
はじめに
ブドウ樹の生理とリスク要因
   1章 ブドウ樹の形態学および機能
   2章 剪定の基本要件
   3章 ブドウの株を死に至らせる要因
剪定の基本と実践マニュアル
   4章 ブドウの樹の寿命を延ばすには
   5章 シンプル・ギュイヨの剪定
   6章 ギュイヨ・プサールの剪定
   7章 ダブル・ギュイヨの剪定法
   ほか
ブドウ樹の治療的アクション
接ぎ木・苗木の品質と目標
まとめ
主なブドウ栽培関連用語集
翻訳を終えて
ほか

<著者プロフィール>
SICAVAC(シカバック)
ブドウ栽培と農学コンサルタントに関わる職業従事者間サービスセンター。フランスでは実践的なブドウ樹管理手法で知られ、セントラル・ロワール地域圏におけるブドウ生産者のサポートを担う。

<訳者プロフィール>
榎本登貴男(えのもと ときお)
1953年、埼玉県生まれ。上智大学経済学部卒業後、ソニー株式会社に入社し、8年間をフランスで勤務する。2012年に渡仏して、ブルゴーニュ地方のボーヌのCFPPA(職業訓練校)でブドウ栽培とワイン醸造を学ぶ。BTS V.O.(ワイン醸造とブドウ栽培の上級技術者資格)を取得。モンペリエ大学に入学、DNO(フランス国家認定醸造士)の資格を取得し卒業。2019年に日本に帰国し、長野県に在住しながら県内を中心にフリーでブドウ栽培者・ワイナリーのサポートをしている。
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.