[園芸・アウトドアの本のページへ戻る]
育てて楽しむ サクランボ 栽培・利用加工

富田晃 著

定価1,512円(本体1,400円+税)
2018年11月16日発行
A5判・100頁
ISBN 978-4-88340-329-5 C0061




赤い宝石とも呼ばれ、愛らしく小さな果実をつけるサクランボ(オウトウ)。本書では、サクランボの価値と魅力を紹介しながら、その素顔、品種、栽培特性、栽培方法、利用加工のヒントなどを解説。
栽培の基本はもとより、鳥よけや雨よけが簡単にできる垣根仕立てによる栽培、限られたスペースで楽しむことができる鉢植え栽培などを初心者にもわかりやすく紹介する。

[プロフィール]
山梨県果樹試験場栽培部部長、主幹研究員、博士(農学)。1962年、山梨県生まれ。千葉大学大学院修士課程修了。1990年から山梨県果樹試験場勤務。主に核果類(サクランボ、モモ、スモモ)の省力栽培技術、安定生産技術などの研究に従事。また、その研究活動にたいして千葉大学松実会永澤賞(2014年)、山梨科学アカデミー奨励賞(2015年)、園芸振興松島財団振興奨励賞(2017年)などを受賞。著書に『モモの作業便利帳』(共著、農文協)など。

[主なもくじ]
サクランボ栽培へのいざない〜序に代えて〜
第1章 サクランボの魅力と生態・種類
第2章 サクランボの育て方・実らせ方
第3章 サクランボの成分と利用・加工
ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.