[農業・環境の本のページへ戻る]
ブルーベリー栽培事典

玉田孝人 著

定価3,024円(本体2,800円+税)
2018年2月16日発行
A5判・384頁
ISBN 978-4-88340-322-6 C0061




日本のブルーベリーの生産と果実消費は発展を続け、ついに栽培面積が特産果樹のトップの座に辿り着いている。栽培に携わる者の願いは「長年にわたって樹を健全に育て、安全・安心でおいしく、健康機能性に富む果実を生産する」こと。そこでブルーベリー樹や果実の生態、品種、生育と栽培管理などについて、知識と技術の両方を習得できることを企図して編纂。2000以上に上る専門用語、重要事項を取り上げ、索引で検索できる事典的な解説書として役立つように構成している。

[著者プロフィール]
ブルーベリー栽培研究グループ代表、果樹園芸研究家。1940年、岩手県生まれ。東京農工大学大学院農学研究科修士課程修了。1970年から千葉県農業短期大学校で、1979年からは千葉県農業大学校で果樹園芸を担当し、農業後継者、農村指導者の養成に従事して2000人以上の卒業生を送り出す。2000年、研究科主幹で定年退職後、日本ブルーベリー協会副会長などを務め、およそ50年にわたりブルーベリーの栽培普及に携わる。著者に『ブルーベリーの観察と育て方』『図解 よくわかるブルーベリー栽培』(ともに共著、創森社)ほか。

[主なもくじ]
第1章 ブルーベリー樹の分類・形態・特性
第2章 ブルーベリー栽培に適した立地条件
第3章 ブルーベリー品種の選定と特徴
第4章 ブルーベリーの生育と栽培管理
第5章 国内外のブルーベリー栽培事情
付章  日本のブルーベリー栽培の発展方向
主要品種一覧
学名・英字一覧
索引=用語・事項(五十音順)
ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.