[農業・環境の本のページへ戻る]
小農救国論

山下惣一 著

定価1,620円(本体1,500円+税)
2014年10月7日発行
四六判・224頁
ISBN 978-4-88340-293-9 C0061




 政府、財界から「攻めの農業」「農業を成長産業に」とのかけ声がかまびすしい。
 一方、国連は2014年を「国際家族農業年」と定め、各国政府に家族農業への支援を呼びかけている。家族農業の中心となる小規模農家、すなわち小農こそ世界の農業の土台。
 果てしない農業の規模拡大・単作化一辺倒のリスクを報告しながら、小農が立国、救国の礎であることを現場から証す。

[主なもくじ]
小農救国論〜序に代えて〜
第1章 小農はどこが強みなのか
第2章 儲かる農業は成り立つか
第3章 壊国TPPはなぜ危ないか
第4章 「攻めの農業」でよいのか
第5章 身土不二がなぜ望ましいか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.