[農業・環境の本のページへ戻る]
農をつなぐ仕事 〜普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ〜

内田由紀子・竹村幸祐 著

定価1,944円(本体1,800円+税)
2012年11月19日発行
A5判・184頁
ISBN 978-4-88340-274-8 C0061




 全国各地で活動している普及指導員は、農家を応援したいという熱い心をもっているにもかかわらず、「自分の仕事が本当に農業者に役だっているのだろうか」と悩むことも多い。そこで「農業者をつなぐ」という普及指導の仕事について、多くの普及指導員の協力のもとで大規模な調査を行い、心理学の視点と方法で「普及指導員と農業者とのきずな」を検証。普及指導員の役割を浮き彫りにする。

[主なもくじ]
第1章 コミュニティでの「つながる」力、「つなぐ」力
第2章 農村コミュニティに欠かせない「つながり」 
第3章 普及事業とは〜スペシャリスト機能とコーディネート機能〜
第4章 社会心理学調査からみ見る「つなぐ」仕事の実像
第5章 「つなぐ」仕事のワザとコミュニケーション能力
第6章 「つなぎ」力アップへの社会心理学的アプローチ
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.