[園芸・アウトドアの本のページへ戻る]
固定種野菜の種と育て方

野口勲・関野幸生 著

定価1,944円(本体1,800円+税)
2012年2月22日発行
A5判・220頁
ISBN 978-4-88340-267-0 C0061




 それぞれの地域で連綿と受け継がれてきた固定種野菜。多くの野菜が均質、量産のため、F1(一代雑種)化していくなかで衰退、絶滅の危機にさらされている。個性的な風味、形質をもつ固定種野菜の価値を見直し、主要野菜ごとに無農薬・無肥料による育て方、種の採り方を解説。
[著者紹介]
●野口勲(のぐち いさお)
1944年生まれ。手塚治虫の担当編集者などを経ながら、1974年、実家のある埼玉県飯能市にて実家の種屋を三代目として受け継ぐ。個性的な風味、形質をもつ固定種野菜の種を専門に取り扱う。著書に『いのちの種を未来に』(創森社)など。

●関野幸生(せきの ゆきお)
1971年生まれ。2001年、実家の跡継ぎとして就農。それまでの慣行栽培から減農薬栽培などを経て、農薬、肥料をまったく使用しない無肥料自然栽培と自家採種を実践。関野農園代表。
●創森社の好評既刊・野口勲の本──『いのちの種を未来に』

[主なもくじ]
プロローグ いま、なぜ固定種の種が重要なのか
第1章 無肥料自然栽培の考え方・取り組み方
第2章 旨い果菜類の固定種とつくり方のコツ
第3章 旨い葉茎菜類の固定種とつくり方のコツ
第4章 旨い根菜類の固定種とつくり方のコツ
第5章 旨いマメ類の固定種とつくり方のコツ
ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.