[農業・環境の本のページへ戻る]
現代の食料・農業問題 〜誤解から打開へ〜

鈴木宣弘 著

定価1,728円(本体1,600円+税)
2008年12月4日発行
A5判・184頁
ISBN 978-4-88340-227-4 C0061




 地球規模で穀物需給の逼迫傾向が強まっている。食料は「戦略物資」になるため、輸出国側は当然ながら自国最優先の考えを貫きとおすことになる。日本は生きる糧となる食糧を、欧米のように国家戦略としてどのように位置づけ、どのような確保策を打ち出していくべきか。
 食料・農業をとりまく現状を具体例をもとに分析し、提示する。
●創森社の好評既刊・鈴木宣弘の本──『食べ方で地球が変わる〜フードマイレージと食・農・環境〜』

[主なもくじ]
序章 現代の食料・農業の特質と緊要性を解く            
本章 食料・農業問題の大いなる誤解と実相             
補章1 WTOとFTAのメリット・デメリット
補章2 国内資源活用と重点品目の自給率向上
補章3 生産資材高騰下で疲弊する日本農業
補章4 品目横断型の安定対策を前提にした試算
補章5 バイオ燃料需要と食料危機への冷静な視点
ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.