[農業・環境の本のページへ戻る]
田園立国

日本農業新聞取材班 著

定価1,944円(本体1,800円+税)
2008年9月24日発行
四六判・336頁
ISBN 978-4-88340-224-3 C0061




ふるさとが消えていく─市場原理で駆逐されるひと・むら・風土。地域に立脚しながら「農のある豊かな国づくり」にむけての渾身ルポルタージュ。農の価値の共有とむら再興への道筋を探る。
●第23回「農業ジャーナリスト賞」特別賞受賞
●創森社の好評既刊・日本農業新聞取材班の本──『農の世紀へ』

[主なもくじ]
第1部 崩壊の淵から                   
 1章・萌えるムラ 
 2章・風土危機 
 3章・対論地方のあした  
 4章・欧州ルポ悠久の未来 
 5章・切なる願い 
 6章・突破へ                      
第2部 農へのまなざし                 
 1章・農的価値 
 2章・共に生きる 
 3章・心をはぐくむ  
 4章・本物に触れる 
 5章・大地感じて         
[田園立国憲章]むら再生の風よ吹け
ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.