[農業・環境の本のページへ戻る]
土の生きものと農業

中村好男 著

定価1,728円(本体1,600円+税)
2005年9月10日発行
A5判・108頁
ISBN 978-4-88340-192-5 C0061




健康な土壌づくりの立役者ともいえる土壌動物。ミミズをはじめとする土壌動物の種類、はたらきなどを明らかにし、土壌動物を生かした農業の取り組み方、考え方を提示する。
●創森社の好評既刊・中村好男の本──『ミミズと土と有機農業』

[主なもくじ]
第1章 健康な土壌は人にも環境にもやさしい
 健康な体は健康な作物から
 健康な作物は健康な土壌圏から ほか
第2章 土壌動物は健康な土壌圏の立役者
 土壌動物の働きを知る方法 土壌動物の分解活動 ほか
第3章 ミミズは農業を支える土壌動物の代表
 ミミズは土壌圏の技術者 ミミズの土づくり能力 ほか)
第4章 農業の担い手となる土壌動物の素顔と活動
 土壌動物を探す 土壌動物はどのくらい、どこにいるのか ほか
第5章 土壌動物を生かした土壌圏活用農業へ
 土壌圏活用の必要性 土壌動物の多様性を高める意義 ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.