[農業・環境の本のページへ戻る]
不耕起でよみがえる

岩澤信夫 著

定価2,376円(本体2,200円+税)
2003年11月25日発行
A5判・276頁
ISBN 978-4-88340-168-0 C0061




耕さない田んぼでは、イネは野生化し、強くたくましく育つ。また、田んぼの生きものが環境を整えることで生物相も豊かになる。不耕起・冬期湛水水田の利点と心得、栽培法を解説。各地の実践事例も紹介する。
●NHK教育テレビ(2003.11月放送)で著者の実践活動を紹介したドキュメンタリー番組が放映され、話題を呼ぶ。

●書評より
「目からウロコを落とさせる、常識破りの『論』が持つ力。教育の書としても読める」(『週刊現代』2004.1.4号)など

●創森社の岩澤信夫の本──『生きもの豊かな自然耕』も好評です

[主なもくじ]
序 章 不耕起移植栽培が底力を発揮する理由
第1章 近代化稲作がもたらしたもの
第2章 不耕起栽培への模索と試練
第3章 生きものいっぱいの不耕起の田んぼ
第4章 メダカとトキと子どもたち
第5章 ゆっくりと水資源を育む
第6章 不耕起・冬期冠水の心得と準備
第7章 不耕起・冬期冠水の主な作業
結 章 生物資源型農業をめざして 
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.